Version10の新機能


・Pywareポータルサイト

今までの3D画面スタイルを一新。「見やすく、扱いやすく」を考えました。

Pywareポータルサイト
<認証編>
従来まではシリアル番号やアクティベーションコードを使用して認証しておりましたが、バージョン10よりアカウントの管理はポータルサイト上で可能になりました。パソコンの移動や認証の解除などすべて自身で行えるので管理が容易です。

<グループ編>
ポータルサイトでは自由にグループの設定が可能です。ご自身が所属されている団体のグループを作成し、すべての情報を共有できます。ドリルファイルが完成すれば、そこにアップロードすることでグループメンバー全員が共有でき、また投稿機能もありますので、チャット感覚でメッセージを残せます。

・2エディションに減少

 →インタラクティブが廃盤となり、ベーシックとプロフェッショナルの2エディションに変更しました。インタラクティブ以上の機能のプロダクションシートはベーシックに追加されました。

・スケッチツール

 →ムーブ確定前のスケッチとしてスケッチツールが追加されました。各セットで次のムーブを決める際、スケッチで絵を書き、確定前にスケッチで確認出来ます。