Pyware


現在最新バージョンのバージョン11の日本語システム構築中です。
ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんが、リリース発表まで今しばらくお待ちくださいませ。

Pyware Web Portal

3Dの認証や解除、パソコンのアカウント移動など、ポータルサイトに登録することでお客様ご自身で管理することができ、Pywareユーザー同士のデータ共有も可能です。

WHAT IS PYWARE?

世界基準のドリルデザインソフト。1982年に販売を開始して以来、世界中のドリルデザイナーにご愛用頂いております。ユーザー目線のソフト開発、ユーザー様が必要とする機能を常にアップデートしてきました。その考えは今も変わらず、これからも最高のソフトを創り続けます。

3Dのすべてのツールはシンプルで直観的です。ラインやアーク、ブロックや多角形など3Dで描けない形はありません。インターバルやステップサイズもすべて数値化されているので、より正確で、より美しいドリルを創れます。

IT’S REAL

リアルビューと呼ばれる3D画面がドリルを立体的に表示します。ピットやプロップも自由に表示でき、実際のショーにより近い状態でドリルを確認できます。またこの映像をメンバーと共有することで、ショー全体のイメージをつかめます。

Pyware + UDB

UDBを利用することで練習の効率化を図ります。3Dで作成したドリルを1クリックでアプリにアップロードし、それをメンバー全員と共有します。アプリにはステップサイズやルート、楽譜の同期など様々な機能が含まれており、ドリル読みやクリーニングに最大限の力を発揮します。UDB詳細はこちら

製品価格

*は追加購入が必要なオプションツールです。オプションツールをご希望のお客様はお問い合わせください。

動作環境

3Dバージョン10 動作環境 2020年4月現在
対応OS:Windows7以上
    Mac OS X 10.11以上
CPU:2.2Ghzデュアルコアプロセッサ以上
必要メモリ:2GB以上(4GB以上推奨)
グラフィックカード:ATI Radeon HD 5770, NVIDIA GeForce GTX 550 Ti, Intel Iris 6100以上
ハードドライブ空き容量:600MB以上

※M1チップモデルは現在動作確認中です

アップデートフォーム
Pyware V10へのアップデートをご希望の方はこちらから

FAQ